CITY 2


基本情報
授業名称:ミュージアムデザイン基礎(14学則)、デザイン言語ワークショップ(建築・都市)(07学則)
開講場所:慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス   開講年度:2004年度−現在 (ミュージアムデザイン基礎は2014年度から)
担当講師:松本文夫(東京大学総合研究博物館(UMUT))参考情報:2013年度までのウェブサイト(07学則)


授業概要
ミュージアムの未来像をデザインする
「世界のミュージアム化」が進んでいる。膨大なモノや情報が世界中で生み出され、ミュージアムの専門領域であった「保存」は、いまや人間活動が直面する普遍的な課題になりつつある。時代を経て選別された歴史的資産だけでなく、モノと情報を現在的資産として継承する枠組みが必要とされている。収集されたモノと情報は、過去の記録として蓄積されるとともに、未来の創造の資源として使われる。膨大な博物資源を基盤として、新しい学術的知見を構築し、または新たな社会的営為を誘発することが期待される。すなわち、ミュージアムとは保存の拠点であると同時に、創造の源泉となるべきである。当授業では、ミュージアムの新たな社会的役割と存在形式をデザインするさまざまな思考実践を行う。博物学、アート、制度設計、空間デザイン、展示企画、情報表現などに幅広く関心をもち、新たな概念構築と価値創造に積極的に取り組むことを期待する。


プロジェクト
2014年度
Floa Tokyo(亀岡、大長、勝山、立山、加藤)、 Temple Town Museum(大川、相原、岡、藤木、村岡)、String Street(又村、吉田、原、宇田川、荻田)、ミュージアム誘(李、渡辺、波多野、イム)、新宿邂逅計画2014(田中、福田、水谷)、Layered City:Learning from Tokyo Marunouchi(太田、藤吉、神野、平野)
2015年度
Framuseum(風祭、加藤、平本、稲田、鈴木)、Roji Museum(日下部、大泉、服部、増渕)、Layor of the Books(津久井、小田島、秋葉、東、立岡)、INSIDE OUT(田中、大家、三谷、家洞、磯野)、比較(高橋、新井、今井、森下)

2016年度
Plast Plaza(二宮、毎熊、武田、本田、木野)、遊愛型ミュージアム(伊藤、秀島、津田、大川、渡辺)、En Museum(玉村、片桐、竹澤、上崎)、Commu-Lab(久保田、関、松原、三澤)



Design your vision of museums of the future:  The world is becoming "museumized". "Preservation", which has been an area of expertise of museums, is becoming a universal issue encountered in the course of human activities during a time when vast quantities of things and information are being created around the world. To deal with this trend, a framework is needed which isn't limited to historical assets that have been selected as time passes, but that also incorporates things and information as current assets. Collected things and information can be used as resources to construct the future, in addition to being stored as a record of the past. Such vast museum resources can be expected to serve as a base leading to the formulation of new academic expertise and new social endeavors. In other words, while museums have an important function as centers of preservation, they should also become places that inspire creation. In this course, we will explore various ideas and practices relating to the design of new social roles and forms of existence for museums. Course participants are expected to actively engage in the creation of new ideas and values, covering a wide range of areas such as natural history, art, system planning, design of spaces, exhibition planning, and expression of information.